ほとんど出ない、混老頭(ホンロウトウ)

混老頭とは、2翻役の一種でホンローなどと呼ばれることも多いです。この役を作るためには、確実に対々和か七対子が混合してくるので成立すれば事実上4翻役になるわけです。数牌の1と9、もしくは字牌の刻子もしくは対子だけで構成されるのが特徴で、上位役としては数牌だけで構成される清老頭もしくは字牌だけで構成される字一色があります。

混老頭は、いわゆるヤオ九牌によって構成されているので、最初のうちに捨てられてしまう可能性が高いです。このため、ヤオ九牌そのものが上位役になって役満に直結する傾向が見られます。しかも副露もしてしまうとヤオ九牌はさらに出現しにくくなるので成立させるのは困難を極める傾向があります。

しかももしこの役を成立させるためには、数牌の2から8をどんどん切っていく形になるので、ほかのプレイヤーに何を狙っているのかがばればれになってしまうリスクも高いです。役を成立させるためには、ツモ頼みになるのでなかなか作れないはずです。

混老頭あるけど、2フーロまでかな

混老頭は過去に何度かあがったことがある役ですね。鮮明に覚えているのはホンロウチートイの4翻、プラスドラ2で跳満をダマであがれたってとこでしょう。

ポンしてホンロートイトイでもいいのですが、4メンツを構成するための1,9、字牌が場に出てしまえば和了り牌も無くなってしまうので、できればダマで七対子の方向に向かうのが良いのではないかと思うわけです。

七対子の攻撃力と防御力についても要確認を。

ホンローチートイ狙いで行った場合、捨て牌によっては確かに相手に見破られる可能性が高いですが、別に守りも強いので問題なしです。二向聴で他家からリーチでもかかれば、1,9,字牌を抱えて優位に降りることができるからです。(当然相手が端牌で待ってない様子がわかればですが)

そんなわけで、攻撃も防御も強い、ホンローチートイをおすすめしたいですね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ