暮れは麻雀日和り。地元の同級生と麻雀を肴に盛り上がりました。

毎年恒例になっています。12月31日は地元で麻雀の日なのです。

田舎なのに大晦日~1日にかけて営業している雀荘もよくあったもんさね。
最近は12時できっかり店じまいというところが増えたけど、探せばあるもんだね。

さて、大晦日の麻雀は近年まれに見る好調で役満を和了ることができました!^p^

ま、自分の場合役満といえば国士無双ばかりなのですが。。
今回も国士をあがりましたよ。

しかし、1・9・字牌で揃える国士、手が悪いときによくできますよ。

なので国士あがったあともそんなにいい手は入らず(笑)結局その半荘はプラスで終わったものの最終的には+30ぐらいにしかなりませんでしたよ。

けっこう、こういう打ち方多いんですよね、自分。

あといい手ができたのは白中ホンイツトイトイ三暗刻ドラ3ですかね。3倍満。

3倍満もかなりひさしぶりでしたのでめちゃ嬉しかったよ。

傾向として明け方に強いらしく(というか周りが眠くて明け方の判断力が鈍る?)午前3時~6時が自分のピークらしい。

そんで朝8時に切り上げて精算して朝ラーメン屋にいって、帰ってきました。

徹マンのなんとも言えない疲労感がたまりません。
朝日の眩しさはかなり目にイタイです(>_<) でもね、この年になって、そういった遊び仲間がいてくだらない話をしながらワイワイできるって、麻雀ていいゲームだね。 年齢を超えて、時代を超えて親しまれている麻雀。 男も女も関係なく、遊べて、完全な実力でもなく「運」によっても結果が左右されるから、下手くそでも勝つことがある。 これは面白いねー。また今年の暮れもみんなで集まる予定だよ^^

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ